『ザ・シェルター』稽古初日

昨日は、稽古初日。

出演者そろって本読みです。

登場人物は、父と母とその娘と祖父の4人家族。

一回目の本読みがはじまると、

母は、母っぽく。
娘は、娘っぽく。
祖父は、祖父っぽく。

そんな感じです。

事前に台本を渡していたので、各々何かしら考えてきたんだと思います。

母役(サトコ)の大久保さんには、「皇室の紀子さんみたいな」と僕がうっかり言ってしまったせいか、どことなくおっとりセリフを言っておりました。前に、少しセリフ合わせをした時、イメージが違ったので、つい言ってしまったんですよね。結果、イメージからさらに遠く・・・

口がすべった、としか言いようがない。

役作りってのは、僕にはどうにも分からない。

役作りと会話をすることが同居していればいいと思うんですけど、どうしても役作りの方向に意識がいくらしく、なんだか本読みをしていてもいっしょにやっている気がしない。

今回のことではありませんが、役作りらしきことをして、セリフ完璧に覚えて、まわりに関係なくテンポ良くしゃべられても、見てるこっちは白けるばかり。

二回目の本読みでは、「力抜いて」「会話して」だけ言って、修正を。

もちろん紀子さんのことは忘れてもらって・・・。

本番まで一か月、稽古が楽しみです。
あとは、僕が余計なことは言わないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。