季節外れの鯉のぼり。


なんだよ、赤道直火ってよ~。nandayo~。怖えよ~。すげえ怖えよ~。

《カープは鯉のぼりの季節まで》とは?
「カープ=鯉」ゆえに端午の節句にひっかけ、5月5日のこどもの日を迎えるくらいまで春先は絶好調。まさに〈鯉の滝登り〉のように勢いよく走り始めるものの、5月半ば頃から失速して沈んでいく・・・そんなニュアンスが込められた、野球界のジンクスのようなフレーズである。(スポニチ記事から引用)

季節外れの鯉のぼりが元気に泳いでいる。
広島カープの勢いが止まらない、気がする。(試合をちゃんと見ているわけではない)
勢いだけで言えば、巨人には開幕から無い気がする。優勝したセパ交流戦の貯金を切り崩して首位にいる気がする。まぁ、そんなようなことは方々で言われているようだ。

つーか、タイガースじゃなくて、カープじゃんよ~。
カープの限定ユニフォームがカッコいいとか言ってる場合じゃなかった。
本日31日、とうとうカープが首位巨人と1ゲーム差。
と言っても、今までもタイガースと0.5ゲーム差になったりしてたけど。
今度の相手はカープ。
やられる気がする。
それとも巨人はここぞという試合でやっぱり強いのか。

だいたい怪我人が多すぎるんだよ・・・。
高橋、亀井、アンダーソン、長野、菅野・・・って、もうすぐ巨人パート2が出来ちゃう!
亀井、帰ってこいよ~。
アンダーソン、目薬がマイブームとか言ってんじゃねえよ~。

——————————
ジャイアンツ球場での2軍練習前。アンダーソンが潤んだ目をパチパチとさせていた。
アン「つけると気持ちがいいんだ」
後藤コーチ「やっぱり日本製はいいの?」
アン「グッード!」と、サムアップポーズ。そして「キター!」(某CM)と叫ぶ。
                   スポーツ報知『ジャイアンツ日記』より
——————————

マジ、視力5.0のくせに目薬さしてんじゃねえよ~。不要だよ、チミには。その前に肘の怪我治せよ。2秒置きに湿布しろよ、もうっ!

——————————
アンダーソンの目がハートになっていた。「アノコ、ダレデスカ?カワイイ!」ジャイアンツ球場での2軍練習後、取材に来ていた某女子アナウンサーにメロメロだった。
                   スポーツ報知『ジャイアンツ日記』より
——————————

マジ、うるせーよ(笑)。肘、治せっつーの。ドクダミすり込めよ、もうっ!
なんの便りなんだ。カープと1ゲーム差だっつーの。
嗚呼ァ、なんて役に立たない助っ人外国人だ・・・。

火曜日からカープとの直接対決。
ほんと、カープが優勝したら、23年ぶりだよ。たいへんなことになるよ。
巨人ファンの俺だって優勝したら雄叫びをあげるのに、23年ぶりに優勝したらどーなるよ。もう分かんないよ。なんかもうデッカイ口ばしの、日本にいちゃいけない鳥とか飛んでくるよ。ヤバイよ~、赤道直火。

楽しいっちゃ楽しいんだけど。
今年のセ界は面白い。
 

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>