再燃

公演はできないなと思って2年余り。
その間、いろんな劇団が公演を打ち、見たり見なかったり。想像するにコロナ禍での公演は葛藤の連続だったろうなと。映像配信までやって、すごい、でも自分にはできない、なんてぐずぐずしながら、何もできない自分が情けない気持ちにもなった。

頃合いかな……
頃合いじゃないか……わかんないな……ワクチン?打つ打つ……ダメだ、このままじっとしていると別の病気になりそうだ……

昨年のいつだったか、うちの公演に俳優として参加したことのある布施さん(今回の作・演出)と話して、プロデュース公演をしようと決めた。

俳優を一から探した。
もちろん知っている俳優さんにも何人か声を掛けた。

記憶を遡り、以前に観たことのある俳優さんで印象に残った人、舞台映像を見まくって心に引っかかった人。
自分で言うのもなんだけど、見る目だけはあると根拠のない自信。
毎度のことだけど、どんな理由であれ、断られると傷つく。
面識もなくいきなりだし、当たり前のことなんだけど、失恋の100分の1くらいはダメージを受ける。仮に100人連続で断られたら、大好きな女性にフラれたことになり致命傷になりかねない。

そうして見つけてきた俳優さんと、あと作・演出サイドで集めた俳優さんと。いい座組にしたい。

もうすぐ稽古がはじまる。

(市村圭蔵)

今回の公演にあたり、せっかくデザイナーさんが作ってくれたけど今のところ出しどころがないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です