ピリッと

昨日は、新メンバーの泉さんと本読み。

舞台に関しては未経験の方なので、まずはセリフを言ってもらうところから。

相手役のセリフを聞くこと、そして自分のセリフを相手にかけること。それが基本中の基本だと思っています。

その後、8月公演の稽古。

ピリッとした空気が作れない。
誰でも味わったことがあるだろう緊張した疲れる空気。

演出をしていても感じる。僕がダラっとしていると、演者もダラっとする。伝染する。
ピリッとしているとこちらの声が変わり、それがまた伝染する。(伝染しないとき、僕が完全にナメられているんだと思うしかない・・・)

言い争うシーンなどは、演者はそのシチュエーションに合った声を出せばいいんだけど、簡単ではない・・・

ツンコ役の大久保希美子さんは、いっしょに舞台を作って今回で3回目。

ふだんの声はやわらかい、鼻にかかったいい声だなぁと思う。

でも、役柄によってはそれだけでは成立しないことがある。
もちろん1人だけの問題ではなく、3人が作り出さなければいけないんだけど。

おチョビ役の林美枝子さんと、泉さんも最後まで稽古に参加していただき、8月公演に向けて、まだまだこれからです。

カテゴリー: 舞台 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>